L'Institut Français du Japon - Yokohama présente « Ah bon ?! », le mag FLE du Japon.

初めての方


このウェブサイトについて

このウェブサイトはアンスティチュ・フランセ横浜の生徒さん達が創っている『Ah bon ?!』という電子雑誌のホームページです。記事のテーマはほとんど自由ですが特に日本やフランスの文化・料理・社会・芸術などについて沢山書かれています。皆さんに記事を読んでいただくだけではなく、フランス人と直接意見を交わしたり、フランス語の勉強・読書ができる『プチ・コミュニティ』を目指しています。「フランス語をもっと読みたい!」「自分のレベルに合った文章が見つけられない!」「辞書で調べるには時間がかかりすぎる!」「フランス人と会話ができたらこう言いたい〜」又は「フランス語をもっと勉強したい!」などと思う方々におすすめです!

このウェブサイトで出来るフランス語の勉強
  • 読書・自分のレベルに合ったフランス語を読むことができます。すべての記事が入門からネイティブスピーカーのレベルで整理されています。
    (A1・入門)(A2・初級)( B1・中級)( B2・上級)(Natif・ネイティブ)
Unable to display content. Adobe Flash is required.
  • 語彙・当ウェブサイトのオンライン辞書機能を使って自分の語彙を増すことができます。単語や表現をダブルクリックで、翻訳・類語・同意語・語源などを調べることができます。一回目のみ、言語の設定が必要です。
Unable to display content. Adobe Flash is required.
  • 筆記・コメントを書き込んでフランス語を実践することができます。当ウェブサイトの読者には多くのフランス人がいますので、是非彼らと会話してみましょう。
Unable to display content. Adobe Flash is required.

このウェブサイトの使い方
  • 『Ah bon ?!』電子雑誌版を読む:ホームページのトップにある電子雑誌の「Expand」をクリックして拡大した雑誌を楽しんで下さい。
Unable to display content. Adobe Flash is required.

「新聞を創ろう – Atelier d’écriture」の講座に参加 独自の教材を使って新聞創りに挑戦することで、各自の総合フランス語力(読解 力・聴解力、文章伝達力・口頭伝達力)を向上させることを目指します。各回の授業は、通常ふたつのパートで成り立ちます。まず、各学期ごとに選んだ テーマに沿って自分の考えを上手く文章にまとめていくための様々なテクニックを身に付け ましょう。今学期のテーマは、「メモの取り方」と「三面記事」を予定しています。その 後、編集委員会を開きます。グループでディスカッションし、新聞の形を整えていきますので、そ の過程で新聞発行の運営上有効な様々な能力・知識(専門用語・表現、速読術、プレゼンのし かた、メディアの情報の分析とその活用法、など)を伸ばし、展開していきましょう。 自分ができること、興味を持っていることを生かして、新聞創りに参加しませんか? 「アンスティチュ・フランセ横浜新聞編集委員会」で、一緒にフランス語の文章を書く力、会話する力を伸ばしましょう。作家の卵さん、記者の卵さん。。。皆さんの参加をお待ちしています。興味ある方は是非アンスティチュ・フランセ横浜にご連絡下さい。 では、どうぞごゆっくりお楽しみ下さ〜い

Frederic Lauray-Quantin 担当講師 Ah Bon ?! 1号~6号 (2010/10 ~ 2012/06)
Christelle Veloso 担当講師 Ah Bon ?! 7号~ (2012/07~現在)
Tel : + 81 (0)45-201-1514
Fax : + 81 (0)45-201-7660